ペット葬儀・火葬・霊園: ペット葬儀,火葬,霊園からペットロス症候群のメンタルケア,新たなペットとの出会い。

ペットの死と別れ〜
petmemory
ペットの死と別れ〜。悲しみを乗り越えて・・・
ペットの死と別れTop page ペットの死 ペット思い出 ペット霊園 ペットロス
ペットの死
動物病院や自宅でペットが亡くなった時、ペットの死を受け入れなければいけません。
ペット霊園へ依頼
まずはペットを葬らなければいけません。信頼できるペット霊園えらびを。

 ペットを葬る・弔う・・・ペット葬儀・火葬・霊園

 ペットが亡くなりしばらくペットとお別れしたらペット霊園へお願いしましょう。

 ペットを放したくない気持ちはありますが、いずれは火葬なり埋葬をしなければいけません。

 ペット霊園の業者はいろいろありますが、どこの業者が信頼できて大切なペットを預けられるかを決め

 ます。

 ペットの霊園は特に政令などの許可が要らないので、その場所で永続的にペット霊園を運営でき継続

 していける業者であるかの見極めがポイントです。

 借地でペット霊園を行っている業者やオフィスビルにテナントで入っているペット納骨施設は永続的に

 ペット霊園及び葬儀・火葬施設を運営していくことは困難と言えるでしょう。  人の土地を借りて永代納骨

 は出来ないということです。

 そのペット霊園へペットのお骨を預けたから安心!と思えるような環境や体制、施設が整っている必要が

 あります。

 一つはお寺でペットの葬儀から火葬、納骨まで一貫して出来てペットの葬儀・火葬を多くコンスタントに

 行っているところ。 そしてペット霊園としての知名度の高いところへお願いすることが挙げられます。

 また、業者が運営しているペット霊園でも同様に自社や自分の敷地を有し、そこでペットの葬儀・火葬・納骨

 業務を数多くこなしているところもまず安心でしょう。

 中には火葬だけを行う“火葬業者”と言われる業者もあります。

 こちらは自前の施設は持たず車一台(火葬車)、身一つで火葬業務を行うという個人事業者です。

 昨今ニュースや新聞で取り沙汰されている“火葬トラブル”の例もありますのでよく注意して選びましょう。

 以上いくつかの例を挙げましたが、宗教的な面でキチンと供養を希望の人には、ただ火葬をしてお骨を納める

 というだけでは物足りないと思います。

 いずれにしてもペットがお世話になっているペット霊園が廃業した・・・などということにならないようペット霊園

 選びはどうぞ慎重に。


  ≪ペット霊園(葬儀・火葬)リンク≫

   ■東京 ペット霊園(葬儀・火葬)慈恵院犬猫霊園
   ■千葉 不動の杜ペット霊園(葬儀・火葬) 不動の杜ペット霊園SubSite
   ■兵庫 宝塚動物霊園(葬儀・火葬)
   ■愛知 長楽寺動物霊園(葬儀・火葬)






ペットとの出会い

新たなペットとの出会い

ペットShop
ブリーダー


ペットの思い出アルバム

ペットの思い出にひたる

ペットアルバム


今いるペットへ

今いるペットたちへ

My Pet's



ペットロス症候群

ペットロス症候群

ペットロス


COPYRIGHT (c) For Your Pets. Since 2009 All Right reseaved
ペットの死トップ